サッカーにおいてドリブルは、硬直した局面を打開するために有効なプレイのひとつです。 パスで繋いでばかりいると、パスコースを消されてしまうので、どこにもパスを出すことができず、簡単にボールを奪われてしまいます。 ドリブルをマスターすることによって、試合の流れを変えることができますし、周囲に自分の存在をアピールすることもできるでしょう。 ドリブルの練習で大事なことは、大きく分けて3つです。 ・徐々にスピードを上げる ・ジグザグにドリブルする ・両方の足を使う 最初から速いドリブルをしようとしても、上手くいかないものです。 はじめのうちは、歩きながらドリブルを行い、徐々にスピードを上げていくようにしてください。 この時に、真っ直ぐドリブルができているのかを確認するために、目印になるものを直線状に置くと良いでしょう。 直線のドリブルができるようになったら、次はジグザグドリブルに挑戦します。 ポールなどを置き、その隙間をジグザグにドリブルするのです。 何度も行うことで、ジグザグでもスピード感あるドリブルができるようになります。 また、効き足だけでドリブルをせずに、両足を使ってドリブルをするようにしてください。