不動産屋と契約前に契約書を読む

不動産会社にある物件を借りると、必ず不動産会社で契約書を交わします。
ほとんどの方は経験があるのではないでしょうか?
では、お尋ねしたいと思います。
その契約書をきちんと最初から最後まで、理解するために熟読したことがあるでしょうか?

実は多くの方は、契約時に契約書をしっかりと呼んでいないというデータが報告されています。
しかし契約書は読んでいることを前提にしていますので、後々問題が起きたとしても、読んでいないことはその人の過失となり、契約書自体は有効となります。
ですから契約書に捺印をする前に、必ず契約書をしっかりと読んで理解しておくようにしましょう。

不動産会社には、契約書の内容を契約相手に説明する義務がありますので、これを怠っているのであれば、当然不動産会社を責めることはできます。
自分が理解できるまで、納得できるまで不動産会社に説明させるようにしましょう。
思ってもみないような内容が契約書に書かれていることもあります。

例えば、引越しをする時には、内装をすべて借り主の負担で新しいものとするというような記載があれば、契約書に従って退去する時に内装を治さなければならなくなります。