画質が良いブルーレイの作成

画質が良いことで有名なブルーレイ。
一時期人気になりましたが、思ったより広まりませんでしたね。
未だに、ブルーレイ対応の機種をわざわざ購入しないと再生できませんし、通常のDVDのシェアは狭まりません。
とはいえ、私は昔ブルーレイの研究をしていたことがあります。
より劣化せず、簡単に作れるブルーレイの研究をしていました。
シアニン色素を用いてディスク膜をつくり、色々な実験をしたものです。
うまく広げるためにどうするのか、できたものを保管するのに最適な方法は?など、ありとあらゆる実験をしました。
当時、何とかという企業がブルーレイに前のめりで、そこと一緒に研究した記憶もあります。
あのころは、もしかしたら今後、私の研究したブルーレイが世に出るかもなんて思いました。
ブルーレイはすっかり下火だと思いきや、最近ブルーレイを作成するサイトを見つけました。
DVD作成の広告はよく見ますが、ブルーレイはあまりないですよね。
作った所で、見れる人が少ないのでは?とも思いましたが、まだ無くなってなかったことを嬉しく思いました。
今後、ブルーレイが主流になる可能性は、まだまだあると思います。
ちょっと楽しみな自分がいます。