介護保険と医療保険の訪問看護

私の義母は70歳を過ぎていますがとっても元気!
最近はカーブスに通いだし、週に1~2回行っています。
それに歩くのが大好きでウォーキングにも参加しているし、友達のお母さんと比べると元気なんだなぁと感じます。

私の周りの高齢者も様々ですが、何らかの病院に通っている人がほとんどです。
中には訪問看護が必要なおばあちゃんもいるから、元気なことって幸せですよね。

訪問看護は病気などによって自宅で療養中の方に、看護師などのケアスタッフが自宅まで来てくれて、療養生活のお世話や診療の補助を行なうサービスです。
訪問看護サービスは、介護保険と医療保険で、訪問看護の利用回数や時間が異なります。

介護保険の場合には訪問看護の利用回数に制限はありません。
一回の利用時間数は20分未満、30分未満、30分以上60分未満、60分以上90分未満までの4区分があり、 必要性に応じて選択することができます。
しかし、介護保険の支給限度額によって月間の上限が設定されています。

医療保険での訪問看護の条件を満たした場合には週に1~3回まで訪問看護を利用することができ、一回の利用時間数については、30~90分の範囲となります。